BRAND PRODUCTS

ブランド紹介

HOME | ブランド紹介
oishi_logo

 
創業以来、積み上げてきた実績と経験とノウハウを活かし、より良い「品質と製品加工」を追求してまいりました。
美味しいものを作る、そしてお客様に安全で美味しい商品をお届けすること、これこそがわたしたちの『強み』です。

『まぐろレストラン』ブランド紹介

MAGURO RESTAURANT’S BRAND

『まぐろレストラン』
ブランド紹介

MAGURO RESTAURANT’S BRAND

たたきまぐろ

tatakimaguro
 
鮮度・品質にこだわり、良質のまぐろだけを使用し、粗挽きに仕上げています。何より、まぐろの美味しさを大事にした自慢の逸品です。
盛り付け例
tatakimaguro_mori

丼用漬けまぐろ
dukemaguro

 
まぐろの品質にこだわった漬けまぐろです。
一般的には、やや色落ちしたまぐろを使うことが多い商品ですが、当社は妥協一切なし、もちもちとした食感と秘伝のタレの旨みが特徴です。
盛り付け例
dukemaguro_mori

まぐろテールステーキ
magurotail

 
まぐろの希少部位を美味しく煮付けました。まぐろの尾は、運動量が多く旨みが強い部位で、産地ではテールステーキとして、知る人ぞ知るご馳走として食べられています。
保存料・合成着色料は一切使用していません。
盛り付け例
magurotail_mori

まぐろカマ煮つけ

magurokama
 
まぐろの希少部位のカマの部分を美味しく煮付けました。特に、カマは魚の部位の中で、適度な身の締まりと脂ののりで、一番旨みがあるところだと言われます。
保存料・合成着色料は一切使用していません。
盛り付け例
magurokama_mori

まぐろ生姜煮

maguroshoga
 
まぐろと生姜の風味は相性バッチリ。当社オリジナルのタレで、生姜たっぷり、じっくり煮込んだ、どなたの口にも合う甘辛く仕上げた生姜煮です。
合成着色料は使用していません。
盛り付け例
maguroshoga_mori

まぐろそぼろ煮

magurosoboro
 
まぐろを無駄なく食べてもらいたいという思いから出来上がった商品です。
職人の知恵と技術に、惜しみなく手間をかけることで、美味しいそぼろを作っています。
合成着色料は使用していません。
盛り付け例
magurosoboro_mori

まぐろやわらか煮

maguroyawaraka
 
贅沢に、刺身用のまぐろを大釜でじっくり炊き上げていますので、ふっくらやわらかに仕上がっています。甘辛い味付けで、ご飯のお供におすすめです。
保存料・合成着色料は一切使用していません。
盛り付け例
maguroyawaraka_mori

かつおやわらか煮

katsuoyawaraka
 
かつおを大釜でじっくり炊き上げていますので、ふっくらやわらかく仕上がっています。
甘辛い味付けで、ご飯のお供におすすめです。
保存料・合成着色料は一切使用していません。
盛り付け例
katsuoyawaraka_mori

丼用漬けサーモン

dukesalmon
 
当社秘伝の調味タレにじっくり漬け込んだサーモンです。そのまま温かいご飯にのせれば、魚とタレの旨みをたっぷり楽しめる、サーモン好きにおすすめの逸品です。
盛り付け例
dukesalmon_mori

松前数の子

matsumae

 

国産の北海するめと昆布を使った松前漬けに、数の子をたっぷり加えた贅沢な松前数の子です。
当社秘伝の調味醤油にじっくり漬け込み、具材全体に味が染みわたるように仕上げています。
盛り付け例
matsumae_mori

白だし銀鮭

sake

 

脂がのった大型サイズの銀鮭を昆布だしと白だし醤油に漬け込みました。
昆布のアミノ酸を加えたことで、旨みが増しています。
盛り付け例
sake_mori

塩さば

saba

 

脂質が高いノルウェー産のさばを使用していますので、焼き上がりがふっくらで、旨みがたっぷり。塩さばの美味しさは、脂ののりとそれに合った塩加減で決まります。
職人こだわりの塩加減で仕上げています。
盛り付け例
saba_mori

さばみりん

sabamirin

 

脂質が高いノルウェー産のさばを使用し、当社秘伝の味醂調味液にじっくり漬け込んでいます。焼き上げた時の醤油の風味が、他とは違う自慢のさば味醂漬けです。
盛り付け例
sabamirin_mori

炭焼きかつおタタキ

katsuotataki
 
鮮度・品質にこだわり、一本釣りのかつおのみを使用しています。炭焼き製法で、手早く香ばしく焼き上げた、かつおの旨みと風味が自慢のこだわりの逸品です。
盛り付け例
katsuotataki_mori

たたきまぐろ

通常のたたきマグロ(ねぎとろ)は、マグロ肉に植物油脂とその他の天然添加物を混ぜ合わせて作られています。混合量の比率はマグロ肉が断然多く、次に植物油脂と続きます。原材料価格においてはマグロ肉が一番高価なものとなります。こうしたことから、原価の安い製品を作るためには植物油脂をいかに大量に混ぜ合わせるかが大きなポイントとなるのです。植物油脂の含有比率が高くなると見た目が白っぽいたたきマグロとなり、まぐろの味が弱くなってしまうのです。
 
弊社のたたきマグロも油脂は含まれていますが、マグロ本来の味を活かしたたたきマグロになっています。この商品をつくるにあたり、どうすればマグロ本来の味を損わず美味しいたたきマグロが作れるのか、美味しさだけを追求し続けすでに20年が経ちます。現在、多くの有名小売店様、食堂・レストラン・料理店舗様、卸問屋様にはこだわり商品としてご理解を頂き、納めております。「美味しいもの」にこだわった赤旨のたたきマグロを是非一度お試しください。
 
negitoro_hikaku
      
 
 

カツオのたたき

わたしたちの鰹のたたきは一本釣りの天然原料を使用しています。厳選された『天然鰹』を全工程自社にて「わら・炭火」で焼き上げる鰹のたたきです。ガス焼きではありません。30年のつみあげてきたノウハウで 火加減、焼加減にこだわり、魂を込めて焼き上げます。血合部分までもが香ばしく生臭みもない、自信を持ってご提供できる鰹のたたきです。
katsuotataki01
  
katsuotataki02
katsuotataki03
katsuotataki04
katsuotataki05

貯蔵・営業倉庫

STORAGE

まぐろレストランに隣接するダイエンフーズ本社工場内には食品を加工する工場、貯蔵する冷凍倉庫を併設しています。鮮度保持は「美味しさ」に大きく関わります。もちろん、衛生面、安全面を十分に考慮した貯蔵施設(工場)となっています。

-55℃ 超低温冷凍庫 

総保管量 3,376㎥ 1,350t
冷媒が空気のためオゾン破壊係数、地球温暖化係数はともに0
reitou_55
 
reitou25

-25℃ 冷凍庫

総保管量 10,933㎥ 4,373t
冷媒がアンモニアと二酸化炭素、オゾン破壊係数はアンモニア、二酸化炭素ともに0、地球温暖化係数はアンモニアが1.0以下二酸化炭素は1

idosoko

移動倉庫

移動倉庫を利用することで通路幅が削減でき、固定棚のおよそ2倍近いパレットを保管することができます。地震時には台車が免振機能の役割を果たすため、商品の落下破損を防ぐ効果もあります。